September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

〜意識が行動を変える〜飛騨ノ巻

岐阜県4件目の農家さんは、岐阜県飛騨市で農業を営む『ソヤ畦畑』にお邪魔してきました^ ^

飛騨市(ひだし)は、岐阜県の最北端に位置する市。
面積の大半は山林で、市の境界と内部に標高1,000m以上の山々が数多く連なり、飛騨山脈にかかる北東端だけが2,000mを越える。

今回のソヤ畦畑さんは、先日伺ってきてサユールイトシロの稲倉さんの元研修生。

今年独立したばかりの農家一年生です。



お話を伺った所は当時、消防団が使っていた小屋。
使ってくれる人がいるならと現在はソヤ畦畑さんの農舎として使われています。











ベジタブルジャーニー64件目のソヤ畦畑代表『森本 悠己』さんにお話を伺いました。



森本さんの畑は1町3反。

お1人で切り盛りされています。

稲倉さんの弟子なので栽培方法はもちろん自然栽培。

なぜ農家の道に?

高校の時から有機野菜やスローフード、マクロビオティックなど周りに好きな人たちがいて自分も興味があったんです。
卒業後、浜松にある調理の専門学校へ通いながら、夜は有機野菜などを扱った飲食店でバイトしてて、専門を卒業する時に横浜のケーキ屋への就職が決まっていたんですが、その時期ちょうど食の安全とか地産地消の意識が高まっていて。
ケーキって外国産のバターとか小麦粉使うじゃないですか、なんか違和感を感じて就職を辞退したんです。

結局色々考えたけど、そのまま夜のバイト先に就職して10年間勤めました。
ちょうど子供が産まれた時に、夜の仕事だったしすれ違いで家族との時間が持てないことから、思い切って地元に戻り、自分で野菜を作ろうと思ってこの道に入りました。







ソヤ畦畑のこだわりってありますか?

何が安全で、何が良いというのは状況によっても、人によっても違うし。
みんなでワイワイしながら食べるのと、ケンカしながら自然栽培のもの食べるのと、どっちが身体にとって良いのかというのは、栄養学とか、野菜の持つ力ではないという部分もあると思うんです。

自然栽培という事を前面に出すのではなく、畦畑でシンプルに出来た畦畑の味を美味しいく食べて欲しいので、一般家庭と言うよりは、野菜の味をしっかり理解して引き出してくれる飲食店向けの野菜を作って行きたいなと思います。





料理が得意な森本さんが野菜を美味しく食べる方法て何かありますか?

美味しく食べる方法、、、んー、、、
野菜て熟れた物を食べるのが一般的だと思うんですけど、あえて熟れる前の青い時のものを使って食感などを楽しむ方法があったり、食べれる野菜であれば調理次第で美味しく食べれるんですよ^ ^





例えばミョウガ竹ってあるんですけど、こいつはタケノコみたいに皮が剥けて、この根元を刻んで薬味にしたりして食べられるんです。
一般的に食べてるミョウガは花を食べているんですよ。





旅中は食事とかどうされてるんですか?
うちの畑はまだ実りがないので、山菜なら畑にあるから持ってってください^ ^







森本さんの畑で採れた山の恵みを頂いたけど、どう調理しようかと思っていたら、そこはさすが料理人。
丁寧な下処理まで全てしてくれてお土産にしていただけました^ ^








森本さんありがとうございました!
そしてご馳走さまでしたm(__)m




ソヤ畦畑さんを後にし、次に向かったのはスーパーカミオカンデ。

世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置(これはレプリカだけどね)







本物は一般公開してないそうです。残念>_<



岐阜編は今回で終了。
雪深い地域ゆえに、冬の過ごし方が個性的で面白い人がたくさんいる所。
自然も豊かで水が綺麗。
多くのアーティストやミュージャン、自給自足をする人が移住してくるのも解る居心地がイイ所でした^ ^



YouTubeベジタブルジャーニー

美土和ホームページ

ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



ヒロフミ

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

comments

   
pagetop