October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

酒田、大江、丸森ノ巻

昨日は『山形食べる通信』の編集長、『松本 典子』さんとランチさせてもらいました^ ^

『松本 典子』さんは、元J-WAVE 81.3FM 構成作家。

2014年、第一子を出産。「山形の文化を未来の世代に残したい」と2015年、子育てをしながら地元のクリエイターたちと『山形食べる通信』を立ち上げ、まもなく第二子が誕生予定。

山形県は『伝統野菜』が160種類以上残る、全国でも有数の地。

『山形食べる通信』さんでは、そんな在来作物を中心に全国のみなさんに情報と食材を発信しています。

連れてっていただいたのは、山形県鶴岡市にある一軒家の農家レストラン『知憩軒(ちけいけん)』さん。

駐車場からお店の入り口までの通路にはたくさんの果樹たちが。





桃の木に、イチジクの木。





美味しそうに熟れた果実は見ていても楽しい。



お店は古民家の一軒家。

中は和モダンでお洒落な空間。





料理も美しく、献立はその日の畑と相談がモットーで、食材は畑から摘んできたばかりの旬の野菜と果実が中心。





素敵なレストランに連れてっていただき、色々なお話聞けて楽しかったです^ ^

松本さんありがとうございましたm(_ _)m

『山形食べる通信』

http://taberu.me/yamagata/





そして翌日は、酒田市に移動。

Farm 224の堀野さんから聞いた、

「田んぼに人が入る事で収量が上がる」という論文で博士号を修得された

『荒生 秀紀』さんの所に向かいました。

荒生さんは今まで私たちが訪れてきた農家さん達とは全く違う異質の方。

生産するためと言う農家ってより、どれだけ良い物を作るにはどうしたら良いかを、とことん探究し続ける、農の化学者と言った感じ。

お会いして間も無く、荒生さんの田んぼに連れて行ってもらいました。

荒生さんが営む田んぼは約2町7反。

この内、試験用に栽培している広さが約1町8反。

究極の栽培を探究することで、半分以上の田んぼを試験栽培用に使っています。



きっちり除草する田んぼもあれば。



あえて除草をしないで生育を見守る田んぼも。




この田んぼも良く見ると、生育が良い稲は色が濃く見えていて、色が薄い部分は生育が悪い部分。

通常の農家はこれだけで「今年は失敗だ」と判断するところだが、荒生さんの研究はここからが始まり。

では、『なぜ』同じ田んぼ内でこの違いが出たのか?

荒生さんのすごい所は、その『なぜ』を追求する『探究心』と、理論を『化学的』に証明できる力にある。




荒生さんはこう言います。

「例えば30年やってる農家さんが居たとする。去年やった方法で80点の結果が出たらまた来年、同じ方法で80点を取ろうとする。

来年天候が悪くて60点だったとしても天候のせいにして80点とれたやり方をまた翌年もする。

それじゃあ結局1年生と変わらない。行動を変えるから結果が変わる。言い訳をしていたら良いものは出来ない。」


「ところでコーヒーは好き?最高の湧き水がある所に案内しますよ」

と、荒生さんの車に乗せてもらい約30分ほど山道を登って行きました。



着いたのは知る人ぞ知る湧き水の名所。



しばらく山道を歩くと、







到着!!



ここは鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子が身体の「どうっぱら」という例えで胴腹滝と呼ばれていて、

2カ所から噴き出しているのですが、右と左の味が違うと言われています。

そのため、この水を汲んでいる人の中には右の水を汲む人、左の水を汲む人、半分ずつ混ぜる人など好みで別れ、

山深く雪も多いのにもかかわらず、冬でも凍ることがなく、年中水汲みの人が絶えないそうです。

今回は右手からの水でコーヒータイム。



コーヒー豆はGuatemala。荒生さんの友達で拘りの豆屋さんがセレクト。

荒生さん自前のミルでコーヒーを作っていただきました。



挽きたてのコーヒー豆を最高の湧き水で、素晴らしいロケーションの中いただくコーヒーはまさに絶品でした!!



色々なお話を聞きながら、自然の中でリフレッシュした後、帰宅。
荒生さんのコーディネートのセンスと言い、話の面白さと言い、まだまだ長居したかったのだけれど、次の予定を控えていたのでここで失礼しました。

荒生さん、色々なお話、来て得するような最高な所に連れて行っていただき、本当にありがとうございましたm(_ _)m





荒生さんと別れてから車を走らせ約2時間。

山間地帯にある大江町に到着。

この町に移りすんで就農3年目の

『はしもと農園』さんにお邪魔しました。



はしもと農園さんは、旦那さんの光弘さんと奥さまの彩子さんのお二人で田んぼ8反、畑5反、大豆3反を切り盛りされています。





最近では果樹のキュウイなども始められ、

無農薬・無化学肥料で、作物や土の状態に合わせて自家製ぼかしを使用しています。

冬場は1メートルぐらい積雪があり、

海側と内陸側とでは、山を挟みだいぶ気候が違い、雪深い地域では果樹の木が積雪で折れてしまうことから、野菜が出来る環境かどうかは、果樹が一つの目安ライン。との事を橋本さんに教えてもらいました。

確かに山形県では山が多く、庄内平野などの平野部ではお米や野菜作り、山の斜面には果樹のハウスが立ち並んでいるのがよく見られました。



冬場は雪が降る地域なので、秋冬野菜の白菜やターツァイなどは雪の下で保管をし、出荷の時を待たせるのだとか。

旦那さんは将来はセルフビルドでお家を建てたりとか、石油燃料に頼らない暮らしをしたいとおっしゃっていました。奥さまにも聞くと、「楽しくない事はしたくない」と笑顔で答えていたのが印象的でした。

橋本さん、貴重なお時間をいただきありがとうございましたm(_ _)m






本日最後に伺ったのは、

以前お邪魔した村田町の『村岡農園』の村岡さんにご紹介して頂いた、

宮城と福島の県境に位置する、丸森町で不耕起自然農をやられている

『きたむら自然農園』の『北村みどり』さん。

山形県を後に、宮城県にカムバックしました>_<!!


みどりさんは就農して24年半の大ベテラン。畑に着くと笑顔で迎えてくれました。



丸森町は福島の原発からもそう遠くない距離に位置している為、みどりさんは震災後、出荷数が約1/4に減少してしまったそうです。

その時の辛い想いを私たちに伝えてくれました。『最初はここの土地から逃げたいと思った。数値の検査を今後もずっとやっていくのかと思ったら辛くなった』



しかし、『汚したのは自分たち人間なのだから、この自然を捨てるのは人間のエゴなんだ』と思い、自分がその土地に残り、この状況に合った暮らしを体現し、みなさんに提案する事を決意されたそうです。



その形の1つが、市民と農民による、みんなの放射線測定室「てとてと」。



だれでも測れる、あたりまえに測れる、幸せに生きていくために測れる、元気に生きていくために測って考える。

というプロジェクトです。

みどりさんは、てとてとを社会の役に立つ形にしたいとおっしゃっていました。

そして、いずれ自分の野菜が欲しいと言ってくれるお客さんのためにと。

辛い事があっても、味が美味しいからとお客さんに言ってもらえると勇気をもらえると嬉しそうにみどりさんはお話してくださいました。



こうした、震災の影響を受けた方のお話を聞くのは初めてだったので、すごく心が締め付けられる思いと同時に、とても勉強になるお話が聞けた事、みどりさんに感謝です。

みどりさん、貴重なお話ありがとうございましたm(_ _)m







ヒロフミ&ゆり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

 

 

comments

   
pagetop