September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

〜農業はアート〜千曲ノ巻

次に向かったのは、長野県北部に位置する『千曲市(ちくまし)』。
養蜂で集めた純粋蜂蜜に自家焙煎珈琲、自然野菜直売所兼カフェ『ひふみや』を経営しつつ、西洋野菜を中心に無肥料無農薬栽培を貫ぬく『ずくなし農園』さんにお邪魔してきました。











お話をうかがったのは、veggies&honey cafe ひふみや、ずくなし農園代表『中村 真仁(なかむら しんじ)』さん(44)。
ベジタブルジャーニー135件目の農家さんです^ ^



セルフビルド的に建てられたカフェは2018年3月21日に仮オープン。
現在はドリンクを中心に、今後は自家製野菜を使ったランチなども提供していく予定だ。









生い立ちから現在までの流れとは?

もともとは大分県の佐伯市っていう港町に生まれて、高校生までは地元で。
あんまり勉強もしなかったし、ちょっとはみ出しそうな人生を送りそうな時もあったんですけど(笑)
スケボーをやってたので、東京に憧れて。
就職するなら東京と思ってたけど、就職先が2つしか無くて、それでも行きたかったから1つ選び、3年そこで頑張って、その後スケボーやってた事もあってスノーボードにハマって。
北海道へ行ったりニュージーランド行ったり。
そこで知り合った日本人の友達に、長野で仕事があるよって事で長野県に来たのがこっちへ来たキッカケですね。
北海道へ行った時もbarとか、ニュージーランドへ行く時もレストランで働いたり、飲食業界は好きだったので高校の時からずっとバイトとかもしてて。
いつかそういう仕事もやりたいと思っていて。
オリンピック(長野)の時に30歳近くなって、そろそろ周りも進退を決め始める時期に来ていたので、僕もどうするか考えた時に、もうちょっとスノーボードやりたいなと思って仕事やりながらスノーボードが出来る環境を探した時に、長野市で住み込みのバイトがあって。
それは普通の工場だったんですけど、しばらくしてその会社が潰れたりして、再び人生を見つめ直す時期が来て、住み込みだったから家も無くなったんでね。
それで、たまたま古民家が不動産に出てそこを借りたんですよ。
そしたら大家さんがリンゴ農家で、畑も付いてて「リンゴやらねぇか?」みたいな感じで畑を教えて貰ったりしてて。
なんか農業イイなって。

もともとスノーボードも自然のフィールドでやるスポーツなのでそういう事も好きだったのもあったと思うんですけどね。
その頃にちょうどアフリカの楽器(ジャンベ)にハマって。
それでアフリカへ行ったりして。
発展途上国だったので色々と環境に対して日本との違いを見せつけられてね。。。



そういう事もあって、農業(現代農法)に対しても疑問が出てきて。
リンゴとかは特に農薬バンバン使うし。
せっかくやるんだったら無農薬で、環境に負荷の無い農業をやっていかないと、行き着く先が危険だなと思って。
もともと飲食業をやりたいって気持ちもあったので、その問題解決をしつつ飲食業をできないかなって。
それで最初にカフェを始めたんですよね。
内容もオーガニックで、東京のカフェスローっていう環境NGOがやっているところと提携したりして、面白い人達が来て、地元の人や何か面白い事やっている団体の人と交われる場所を長野市で作って。

それを4年間やってたんですけど、東日本大震災があって、また考えるところがあって。
ちょうど嫁さんと結婚式を挙げるところだったので、震災をキッカケに自分達のライフスタイルも考えて、農業をやりたいのにいつまで経っても街の中でカフェをやってても農業は出来ないので、これは考え直さないとなって思って。
嫁さんの実家が千曲市で、こういう風景を見た時に「あぁ、ここでやれば良いんだ」って思って。
それで長野市でやっていたカフェを辞めて、今度は農業をやり始めて。
いつかまたカフェをやりたいなっていうのがあったので、今また始めたところですね。
農業をやりながらカフェも経営するという新たなチャレンジです。





農業研修はどこかでされたんですか?

僕ね、結局行かなかったんですよ。
カフェでオーガニックを扱っていた事もあって、オーガニック農家さんとのお付き合いが多かったから、逆にそれが良かったんですよね。
色んな人の、色んな農法の話を聞いて、あんまりこだわりを持たなかったので。

農園名の『ずくなし』とは?

ずくなしって長野の方言で『怠け者』って意味で。
忙しい世の中とか、農薬を使って効率を図るようなところから脱却するっていう意味があって。
怠けて楽をしようという意味ではなくてね(笑)
長野の方言的には、悪いイメージがあるんだけど、逆にマイナスをプラスに変える反骨心もあるんですよね。



ずくなし農園のこだわりって何かありますか?

基本的には肥料を入れない無肥料。
無肥料って言葉もあんまり好きじゃないんですけど、人が何かをやるとあんまり良い事にはならないっていう。
なるべく手を掛けない方がより良い物が出来る。
人が出来る事って限られているし、逆に人がやればやるほど社会もそうですけど、おかしな方向に行くというか、自然から学ぶ事ってすごくあると思うし。
それを尊敬するというか、感謝しつつ、出来る限りの事をするってところですかね。
最近やってて思うのは、何かに縛られて生きるんじゃなく、農業も自由に自分で作り出す事ができる、『アートと一緒』だなと思ってやっていますね。





美土和ホームページ【オンラインストア】

ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



ヒロフミ

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

comments

   
pagetop