January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

〜水の音で育つ山葵〜鹿足郡ノ巻

福岡県を後にして次に向かったのが、山口県と島根県の県境に位置する、島根県『鹿足郡(かのあしぐん)』。
以前、島根県を探索する中で連絡は取り合っていたのだけどスケジュールの都合で会えなかった『やまたねくらし』さんにリターン編でお邪魔してきました。
トレッキングコースになるほどの山奥で、ひっそりと、力強く広がっていたワサビ谷がそこにはありました。
天然にほど近い野生の『在来ワサビ』が生きる場所。









お話をうかがったのは、やまたねくらし代表『山口 敦央(やまぐちあつてる)』さん(36)。
ベジタブルジャーニー124件目の『山百姓』さんです^ ^



千葉県出身の山口さん。
ボーイスカウト経験もあり、高校時代は山岳部。
大学生の時に環境問題に興味を持ち、環境活動運動家へ。
その後就職するも、自然と触れ合って暮らしたいと『農業』や『地域おこし』に興味が湧き、出会いがあって安曇野へ1年間ホームステイ(農家)することに。
そこで自給的な暮らしへの価値観が定まり、青年海外協力隊に参加。
アフリカで3年間を過ごした後、誰も行ってないような所に行きたくて島根県へ辿り着いた。

ワサビを始めるキッカケ

前は「里山農園山口」っていう名前で少量多品目の農家をやっていました。
2回目の転機と言うか、精神的に行き詰まってしまって、自分でも何でそうなったのかよく解らなかったんだけど、頑張れば頑張るほど頑張れないみたいな感覚になって。
畑が好きだったはずなんだけど、だんだん好きじゃなくなって来ちゃって、1回農園を辞める決心をしたんですね。

辞める1年ぐらい前にワサビに出会って。
ワサビはそういう意味だと逃げ場所だったのかもしれないけど。
ココ(ワサビ谷)に来たらなにも周りの目も気にせずに、本当に自然の中で過ごせるんですよね。
どんなに調子が悪い時でもワサビ谷は受け入れてくれて生きていれたみたいな。
救われたんですよねワサビ谷に。



ワサビには、スリップスという病気が昭和40年代ぐらいから流行っていて、ワサビがどんどん作れなくなってきちゃったんですよ。
そういう問題とか、土砂災害や市場が変わってワサビ自体が売れなくなったり、在来のワサビをみんなが放棄していったんですよね。
そういう中、静岡とか東京の品種で病気に強いものが出て来て、みんなそっちに切り変えてより大きく、より青く、売れる物を選ぶようになってきたんです。
だから島根の純粋な在来種っていうのは本当に絶滅危惧種だと思っていて。

僕はどうしてもピュアな在来種がないかなと思って色んな所に聞いて周ってたんですけど、移住してから5年目くらいにやっと「あるで」っておじいさんに言われて、それやりたいです!って。

住んでいる所から離れていたので、苗を戴いて近所の谷に植えようと考えていたんですけど、おじいさんの谷の話を聞いてたら「そこやらせてください!」ってなってたんですよね。

「在来種しか生やしてなくて他には入れてない谷があるよ」って。
そのワサビは凄く優秀で、大きいし、美味しい、知ってる人はみんな知ってるような所なんだけど、みんな欲しがって苗をあげるんだけど、何故か上手く育たない。
「あのワサビはあの谷でしか生えないんじゃ」って。
それを聞いたら『じゃあその谷を守りたい』ってなったのが始まりですね。
前から野菜もずっと在来種とか固定種を採り続けていたので、その発想の延長だから今やっている事(在来ワサビ)は自分の中でやって来た事の延長だなと思っています。



ワサビって小売りをあんまりしていないんですよね。
一般の人がワサビを買うっていう機会はあんまりないじゃないですか。
でもそれをやらなきゃいけないんじゃないかと思ってて。
高級品だけど、盆暮れ正月・年越しそばとか、そういう時にはちょっとワサビを使ってみようかな、みたいな日本人のカルチャーを復活させようと思ったら、こういう事に『共感』してくれるお客さんを見つけて販売したいなっていうのがありますね。

良いワサビが採れる条件。

僕がお付き合いしてる師匠の話では、本当に良いワサビが採れる所っていうのは、水がバァーって出てる所じゃなくて、パッと見たら水がほとんど無いような所で、『よーく聞いたらコロコロ水の音が下に流れてるのが聞こえるような所』が良い所だっていう事を言うんですね。

この谷はまさにそういう場所。
で、条件が不利なんですよ。
他の場所はもっと水を流せるように工夫したり水量があったりして、機械使ってポンプで洗えるんですね。
こういう所はそういう事が出来ない場所なので、昔ながらのやり方でやらざるおえない。
そういう意味じゃ完全に『人と自然との共同作業』
毎回山を登って下って、全て手作業ですね。



農家をする理由とは。

もともとは自給自足をして、人と自然が調和した生き方がしたいって事ですね。
それをちゃんと成り立たせたら色んな人を誘えて、こういう生き方しようよって提案が出来るんじゃないかっていうのが20代の頃の夢ですよね。
でも自分がやらなくてもどんどんそういう流れになって来てるから、凄い嬉しいなと思って。
みんな同じ流れを感じてるなと思っているので、自分もその流れを加速化させていけば良いかと。

山口さんにとって在来種や種採りとは?

根っこですよね、ルーツ。
自分がベットタウンで育ったので、そういう『根っこ』を求めているみたいですね。
根無し草なりの根っこの求め方というかね。

種採りは、色んな意味合いがあるけど『趣味』ですよね。
結局どんなに追い詰められても種採りだけはやっていたので、半分は意地だし、半分は種として継ぎたいし。
多分みんな同じ想いを持ってると思うんですよね、今そういう種(固定種・在来種)を継ぎたい人って増えてると思ってて。
全部自分でやることって大変じゃないですか、だからやっぱり仕組みにしていくべきだなと思って。
去年から小さい活動なんですけど、タネの図種館 -Shimayama っていうのを始めて。
島山って島根と山口の境だから、何人かの仲間とそういう名前を決めたんですけど、今は種の交換会をしてます。
もう少し充実させていったら農家さんが本気で種採りした物を販売出来る場所作りをしたいですね。
今まではそういう種は遠くじゃないと買えなかったけど、『地元の種が地元で買える』っていう状況作りをしたいんですよね。
素人の人が気軽に種採りして交換し合う交換会と、農家の人がちゃんと発芽率とかを調べたり固定種としてしっかり固定させて保証していくような、販売する種との2層で発展していくような事を考えていて、今はとにかく自分のベースを整えてる段階なので、種採りを続けるって事と、交換会を春先と夏にやるっていうのを続けるっていう感じですね。



やまたねくらしのこだわりとは。

種を継ぐって事ですね。
昔の物とか、昔から繋がってるルーツみたいなものを感じると凄い心が震えるので、それを継ぎたい。
だからこういうワサビとか、野菜でもいくつか地元の在来種と出会う事が出来たので、それを増やしていく。
今、蕎麦を増やしている最中で、蕎麦とワサビをセットで販売できたら蕎麦もワサビも在来種だし最高だなと思って。
10年後にまた来たらやってる事変わってるかもしれないけど、山と種と暮らしに関わる事は絶対やっているだろうなと思って『やまたねくらし』なんですよね。
ワサビなんかブームになって、みんなが在来種のワサビやるぞ!ってなってくれたら全然いつでも引退してもいいんですけどね。
まずは一緒に楽しみながら味わってくれる人たちを増やしていきたいのでワサビ谷トレッキングツアーもやっているんですよ。
過程も見てもらいつつ、ココ(ワサビ谷)でワサビ丼を食べてもらうんです。
価値を解ってくれる人たちを増やしていく事が大事なので、売り方はそこまでこだわっていないですね。
自然と一緒に作業してるっていう感覚とか、ワサビの味とかストーリーを共有できれば良いですね。



ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



ヒロフミ

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

comments

   
pagetop