August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

〜地力野菜〜久留米ノ巻

次に向かったのは福岡県の『久留米市』。
巨峰発祥の地である田主丸町(たぬしまるまち)で、種をとる自然農園の『ゆたか農園』さんにお邪魔しました。

人にも環境にも優しい野菜作りをテーマに、農薬・化学肥料・除草剤を使わないだけじゃなく、
黒いビニールマルチを使わない
作物の連作をしない
土の層を壊さない「不耕起栽培」の実践など、様々な農法を取り入れて、各畑で農法が違う栽培法が行われている。
有機の畑に関しても手作りの堆肥・ぼかし肥・鶏糞(有機)を使用。
現在はほとんどが植物性の肥料に切り替わっきていて、使用しても出来るだけ少量で自然に近い形を意識している。
畑には海外の野菜が中心に様々な野菜が混植されていて、一見どこに何が植わっているか判らない野菜ジャングルのような畑姿。







お話をうかがったのは、ゆたか農園代表『石井 豊勝(いしいとよかつ)』さん(39)。
田主丸町で生まれ育った石井さん。
家は祖父の代から花や苗木をやっている農家で、石井さんが高校受験の数日前に父がハウスの中で消毒している最中に倒れ還らぬ人に。
その後、農学部を卒業し、一旦は異業種に就職し7年間勤めた後、田主丸町で帰農する。
現在はJA青年部部長も務め、野菜ソムリエでもある石井さん。

ベジタブルジャーニー123件目の農家さんです^ ^



なぜジャングルのような畑に?

父が農薬で消毒している時に畑で倒れているって事もあるので、どうしても心の中に農薬に対する拒否反応があって。
色んな作物を植えている(ジャングルな)のは元々コンパニオンプランツを就農する前から見ていたし、農薬を使わない方法としてですね。

出来るだけ別の作物を混植することによって、セロリなんかも味が変わってくるんですよね。
セロリとニンジンは無農薬で育てると味が劇的に変わると思いました。
でも残念なのは、味は良いけど理想的な形にはならないですね。
福岡県の農業大学校ってところがあって、そこで社会人からの就農コースがあって1年間行ってたんですけど、最初にやらせてもらったのがセロリだったんですね。
その時は店に出るような太くてシャキシャキしたやつが出来てたけど、農業大学校の時は、高度化成肥料っていう窒素分の高い肥料をこれだけあげなさいっていう指導のもとやっていたので、結構農薬も降りましたし。
今は有機栽培ぐらい(少量肥料を加える)でそこのサイズに行かせる努力をしている最中です。
無農薬にしてから昔に比べると、そんなに病気も出てないような印象はあります。
最近は気候も凄くおかしいじゃないですか。
暑くなったり、寒くなったり。
なので色んな季節に対応出来るようにって事で、温度変化に強い野菜を植えたりもしてます。



あまり見慣れない野菜が畑にたくさんありますが、あえて海外の野菜を?

それはこだわっているわけではないんですよ。
出来るだけ『昔から存在する野菜』っていう感じで。
野菜ソムリエの勉強をした時に、日本に伝わっている野菜はもともと外(外国)から伝わってる野菜が多いなっていう風に感じて。
自然と原種に近い物を求める中で、海外の野菜になってくるのかなとは思います。
あと何年か前に、福岡在来のカボチャの種をずっと採り続けている方から貰って、八媛(やひめ)カボチャっていうのもありますよ。
野菜屋さんに聞いたところ自分を含めて4人ぐらいしかやっていないみたいで、そんなに出回っている野菜ではないようです。



種を繋ぐことは重要だと感じてますか?

感じていますね。
植物育種研究室って言うところにも所属しているんですけど、 昔からの技術として種を選抜し、より良い物を作るっていう『選抜育種』っていうのがあるので、1番良い古来の方法かなと。
その土地に合った野菜にしていけば、それこそ無農薬でも作りやすい野菜がだんだん育ってくると思うし、無農薬とか循環で考えるのであれば種採りは必要不可じゃないかと思います。



ゆたか農園のこだわりとは。

本当の野菜の美味しさを伝えていきたいと、そういうこだわりはあります。
野菜本来の味を引き出した作物やハーブをお客様に届ける。
食べ方も一緒に伝えながら色んな方と交流していけたらなと思いますね。





美土和ホームページ【オンラインストア】

ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



ヒロフミ

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

comments

   
pagetop