〜呼吸〜荒尾ノ巻

0

    菊池市を後に、最後に向かったのが熊本県北西部にある『荒尾市』。
    動物性、白砂糖不使用、無添加の調味料カラダとココロにやさしい森のカフェ『Arbaro』の経営もしながら、無肥料・無農薬・無防虫のたんじゅん農法で営農されている『クルンノウエン』さんにお邪魔しました。



    お話をうかがったのはクルンノウエン代表『茅畑 考篤(かやはたたかしげ)』さん(43)。



    埼玉生まれ、広島育ち。
    日本画を勉強して、大学も学部を出て修士・博士・研究室へ。
    大学の非常勤講師をしながら日本画の団体に所属し絵描き師を続けるも、身体を壊し大学を辞めて農業の道へ。

    畑の話

    ここの通路は1mの深さで掘ってあって、土は入ってなくて木材のチップが1m分入っているんです。





    この人参はまだ途中で大きくなるんだけど、よく自然栽培や不耕起栽培は自然だから野菜が小さかったり硬かったりするんだけど、それは土地が痩せているから。



    自然に即してるから小さいのはしょうがないじゃなくて、自然に即するとデカく育たないといけない。
    どの農法も『土の中の酸素量』が足りてないんですよ。
    微生物のエサになるのが有機物なんですけど、そもそも有機物に微生物が食い付いて分解した物が肥料。
    それを肥料として使うんじゃなくて、微生物が食い付いて『食べる過程』で色んな物質が副産物として出てくるんですけど、それが野菜の生育に必要なので、肥料じゃなく微生物のエサを入れてやる。
    ただ、微生物は動物に近いので空気がないと窒息するんですよ。
    なので、深く掘る事で大雨が降っても土に水が溜まらない、すぐ水が抜けるようにって事と、空気に触れる面積を広げてあげるっていう事に気をつけとく。
    微生物が食い付きやすいエサを土の方に入れて、微生物が食い付きにくいものは土には直接入れない。
    近くに置いておく。
    例えばここは通路が掘ってあるので、ここに分解しにくい物を入れておくと、そのうち食い付きやすくなるんですよ。
    食い付きにくい物を土に入れちゃうと、微生物達が入ってきた異物をなんとかしようとそっちに労力を取られて、植物との共生関係を結ばないから、適度に食い付きやすいエサを入れる。



    世の中に溢れてる、炭素を含んだ有機物に微生物が食いつけるか否かの判断だけしといてやって、食い付ける物は土に、食い付けない物はそばに置いておく。
    後はエアーの入り、これだけ持続できたら十中八九、誰でも出来る。
    ここは掘るやり方でやってるけど、水はけが悪くなければやっていない所もあります。
    今頻繁にやっているのは、熱養生処理と言って、夏場にヨーグルト・パンのドライイースト・納豆を培養したものを撒いて耕して、透明のマルチを張っておくこと。
    夏の高温に当てると団粒化が進んで一気に柔らかくなるんですよね。
    僕らの中では高温でリセットする感覚なんですよ。
    草が生えなくなるのと、作物に悪さをするウィルスや細菌系は死んじゃうけど、納豆菌は高温でも死なないので。
    どうしても大雨が酷いと土の状態がアンバランスになる事があるんですよね。
    それをリセットする意味とか、耕作放棄地なんかを植え付ける前に必ずそれをしてやると、いきなり土の状態が変わるのでロケットスタート出来ちゃうっていう。
    あとは腐敗と発酵で捉える考え方。
    人間は発酵型なので身体に発酵物を取り入れる事でエネルギーに変えていける生物。
    お酒も漬物も納豆も発酵食品は身体に良いとされている。
    刺身も寝かせるのは乳酸発酵だし、お肉の熟成も発酵で旨味が増す。

    よく野菜に虫が来る、虫食いは美味しい証って言うけど、あれは根本的な間違いで、植物っていうのは発酵型なので土から根で吸い上げるんだけど、土が腐敗型だと植物は自分で選択出来る自由がないから吸い上げちゃう。
    ある程度、腐敗を吸い上げても野菜自身で処理はするんだけど、キャパオーバーを起こすと処理しきれなくて虫が来る。
    虫は腐敗寄りの物をエネルギーに変える生物だから腐敗に傾いた野菜を食べに来ちゃう。
    虫が来るって事は土の中で過剰になったものを野菜が吸い上げて処理しきれなくなった証で、それを持ち出す役割が虫。
    だから土の中が腐敗寄りじゃなく、発酵寄りに出来てたら虫は来ない。
    なので乱暴に虫と人間の美味しい基準を一緒には出来ない。
    ただ、虫には発酵型も居るし両方いけるタイプも居るから、虫の種類によりますけどね。



    農家になるキッカケとは。

    農業する気は最初からは無くて、ウチの上の子がアレルギーやけん、嫌々オーガニックの物を食べ始めて。
    嫁も水商売してたんで、生まれて来た子供にアレルギーがある事が解って「なんじゃこりゃ」って。
    母乳で育てようって母乳を子供にあげると真っ赤に腫れ上がっちゃって。
    どうやったって治らないから、結局食べ物だって事を助産師さんに教えてもらって。
    僕たちは毎日のようにコンビニで主食の生活をしてたので、そしたら食べ物でこうなるのが解っちゃったから食べるのやめるしかないってなって、ある日突然うちの嫁さんがベジタリアンになって。
    添加物、保存料、食べ物だけじゃなく調理器具も含めて全部捨てて、ラッキーだったのが住んでた近所に数件自然食品店があったんで。
    ただ料理する知識がないんですよ。
    ある日突然ベジタリアンになったからしばらくは蒸し野菜ばっかり。
    玄米と蒸し野菜に醤油垂らしたのでずっと行くから俺のストレスが半端なくて。
    子供のアレルギーは突然すっごい減ったんですよ。
    それにも驚いて、嫁さんも色んな本を読んで勉強して。
    よくベジタリアンの人が動物性のチーズを使わずにチーズケーキ作る時に、豆腐を使うんですけど、チーズケーキじゃなく冷ややっこなんですよ(笑)
    そういう時期を何年かしたら、ある日から何で作っているか判らなくなって来て。
    その頃からイベントで出してくれ、とか声がかかったりして。
    最終的に店にしようって事でこの店もやってて。
    子供がアレルギーになってなかったらやってないですね。



    僕も身体壊して大学の非常勤講師を辞めて、嫁さんの実家がある熊本に来て、子供達が食べれる物を作って、と嫁から命令が来たので。
    嫁のお父さんが農家で花を作っていたんですけど花って食べないから物凄い薬使うんですよ。
    物凄い薬使う農業やっていた人に、いきなり無農薬しようって言ったわけだからそりゃストレスになるわけでお父さんは2年で辞めちゃうんだけどね。
    嫌々始めて、3ヶ月くらい経った時に炭素循環農法やってる人が近所に居て、ある日その人の畑に行って野菜食べたら美味しかったから、コレで出来るんだと思って。
    やってるうちに面白くなって来て。

    日本画と農の共通点。

    日本画も栽培と近いんですよね素材の事とか。
    すっごい面白いんですよ日本画の世界って。
    日本で日本画の教育ってないんですよね。
    描いても水彩画か油絵。
    要は準備に凄い手間が掛かるから伝統絵画技法だけど誰も知らないおかしな世界。
    岩絵具っていうのが特徴なんですよ。
    岩から作られた絵の具、泥から作られた絵の具、金属染料から作られたもの。
    同じ青でも11種類、粒子が違うパウダー状から砂つぶまで。
    日本画も和紙に描いたり、絹に描いたりするけど、描く支持体は『呼吸』をすると。
    日本は四季折々に湿度と温度が変わるので、呼吸するものでなければ劣化するっていう。
    例えば絵の具が付けば良いじゃんって強力なポリマー系のものでやると紙が乾燥した時に裂けるんですよね、劣化するとか。
    やっぱそれなりに凄く合理的な技術であって。
    襖(ふすま)って何層にも和紙を貼るんですけど、あれ何でかって言うと、区切るん事が目的じゃなく、向こう側を『感じさせる為の仕立て』なんですね。
    感じさせる為の微妙な膨らみをどう演出するかっていう世界。
    そういう感覚っていうものに通じることは確かにこっち(農業)にもあって。
    逆に言ったら知識として知ってた事を農業で再確認するみたいな。
    それがまた面白かったりね。





    美土和ホームページ【オンラインストア】

    ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

    Instagram



    ヒロフミ

    JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿


    コメント
    こんにちは、
    土の呼吸ですか!
    なかなか興味深い記事でした。
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    美土和が掲載されました!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM