October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

〜伝わる意識〜鯖江ニノ段

劔神社(つるぎじんじゃ)は織田信長の織田一族発祥の神社。
織田信長は当社の神官の子孫とされ、織田家の氏神とされた。















福井県2件目の農家さんは、同じ鯖江市のすぐ隣町で農業を営む『石本 豊昭』さんにお話を伺いました。

ベジタブルジャーニー73件目の農家さんです^ ^



石本さんの農業歴は20年近いベテランの域。
自然栽培は4年目で、1町3反の稲作をお1人で切り盛りされています。





石本さんの田んぼは水を張ってないんですね。
これは何か理由があるんですか?


これは土に割れ目が出来て、そこから空気が入り根に作用するっていうのと、根元をスッキリさせたいという狙いがあるんですよ。
この時期は、稲がずっと水に浸かっていると水の温度が高いからお湯みたいになって根腐れしやすいので。
『間断潅水(かんだんかんすい)』っていいます。

自然栽培との出会いとは

たまたまあったイベントで知ったんですよね。
当時、羽咋市で始まった木村秋則さんの塾に福井から数名参加してて、その参加者たちの主催したイベントがあったんです。
その時に自然栽培で作ったお米の試食会なんかもあったりして、その人たちの話も聞いたら心うたれて、なんとなく直感的に『これが究極の農業なんじゃないかな』と思って。
農薬も肥料も使わないということは、その分コストを抑えられるということだから、自分の24時間という時間と身体をどの様に使うかという話だし、付加価値の高いものとして世間に認めてもらえる可能性があるからやる価値があると思った。
今までと同じ、みんなと同じものを作るんじゃなく、これからはそういう農法で差別化もしていかないとって。



石本さんが農家になったきっかけは?

代々家が農家で自分が53歳(9年前)の時から本格的に始めました。
若い頃は農業やりたいとは思っていなかったけど、健康とか安全、そういったことに関心を持つようになって、以前は慣行栽培(現代農法)で農薬や化学肥料をバンバン使ってたんですけど、そういう時っていうのは身体にすごく悪い薬とかを投入してやってるし、それによって身体の具合が悪くなったり。
こんなものを食べて本当に人間の身体は大丈夫なのかなという事を思う様になって、安全なものを作るには自分で作るのが1番イイってなり、周りの仲間でもそういったことを色々教えてくれる人がいたので、その人に影響されて。
お米っていうのは日本人の主食ですから、主食なるものは自分で作ってそれを食すことが間違いないだろうと思って作り続けています。



仲間に『化学物質過敏症』の人が居て、その人は有機栽培のお米も身体が受け付けなくてうちのお米を食べています。



本業は農家ですけど、1日4時間NPO法人でA型事業所にも勤めています。
障がい者の就労者支援施設です。
一般の企業で働けない様な精神的な障がいを持っている人とか、身体的、知能的な障がいを持っている人たちを雇用して農業したりとか、レストランをやったりという事業所をやっていて、そこで野菜作りの職員をやらせてもらっています。



石本さんのこだわりを聞かせてください

食べた人が美味しいと思ってくれて、しかも元気になってくれる様なお米を提供していきたいと思います^ ^



今回で一旦、妻の定期通院の為、浜松へ戻りますが、前回の愛知編でお会い出来なかった方とアポが取れたので帰りに寄っていこうと思います^ ^


ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



ヒロフミ

 

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

〜農のチカラ〜鯖江ノ巻

福井県1件目の農家さんは、伊藤さんのお話しにも出て来た、福井県からのと里山農業塾に通っていた農家さんでもあり、先日のマルカワみそさんが県内で委託栽培を頼んでいる鯖江市(さばえし)にある『コスモファーム』さんにお邪魔してきました^ ^

鯖江市は、福井県嶺北地方の中央部に位置する市。
キャッチコピーは「めがねのまち さばえ」眼鏡枠のシェアは国内90%以上。
女子高校生視点によるまちづくりプロジェクト「鯖江市役所JK課」の設置など、地域活性化に向けた新たな自治体モデルを模索している市でもあります。

そんな鯖江市で稲作をやっているコスモファーム代表の『黒田 正知』さんにお話を伺いました。

ベジタブルジャーニー72件目の農家さんです^ ^


黒田さんの農業歴は7年目。
自然栽培を始めてからは4年目になります。
全9町5反の田んぼのうち、6町3反が自然栽培。
この内、1町はマルカワみそのお米を栽培されています。
この広さをなんと息子さんと2人で切り盛りされているそうです。



自然栽培との出会いは?

最初は自分達の食べる分、2反程を稲作して余った分を農協に出してたんです。
この頃はまだ農薬・化学肥料を使っていて嫌だなと思いながらもやっていました。
たまたまスーパーマーケットの書籍コーナーで木村秋則さんの本と出会って、それを見てすぐにコレしかないと思ってやり始めました。
直感的にこの農法ならやりたいと思ったんです。



無農薬だったら有機肥料でやってる人はたくさん知っていたけど、本当は感覚的に肥料をやるのにも抵抗を感じていたんです。
何でこんなに肥料をやって、誰がこれだけの量って決めたんだろうって。
肥料を撒いた後の田んぼは自然のものでない様な圧迫感を感じ、腐った様なアクが出ると言うか。



農業歴7年目ということですが、なぜ農業をやることに?

本業は眼鏡の部分加工の職人をしていて、稲作で生計を立てようと始めたわけじゃないんです。
ここの地域は田んぼをする人と、地権者が違うんですよ。
土地がなくて田んぼをする人が土地を借りて年貢を納めるんですが、その年貢の管理を第三者がしないと公平性がないので、私はこの町で年貢計算の担当を任されていました。
だんだんと色々な理由で辞農する人が増えて行く中で、誰か任せる人を探してくれって。
結果、気がついたら自分がやることになって行ったという流れですね。

百姓をする事には全く抵抗はなかったけど、自分の心情に反しているからとにかく慣行栽培(現代農法)の農薬・化学肥料が嫌でしょうがなかった。
任されて行く農地が広くて農薬を撒かないと管理しきれないというジレンマが常にありました。



農薬・肥料を使わない田んぼというのは求めてる人もいるし、地球問題にも良くて、身体にも良いお米を作るこの満足感というのは、これはすごいものです!
『最高級の1番良い仕事』ですよ。

黒田さんはなぜ自然栽培にこだわるんですか?

無条件に『自分が食べたいもの』だからです。
ある先輩農家さんがすごい量の農薬を撒いていて、こんな量の農薬撒いて大丈夫なのか?って聞いたら【俺が食う物じゃねぇからイイんだ】って言ってた。
その言葉の裏返しみたいなものですね。
自分の食いたいものを作って売るっていうのは。



黒田さんのこだわりを聞かせてください

なんかカッコいい言い方になっちゃうかもしれないけど『最近食べ物をないがしろ』にするというか、軽く見てる。
そういう風な世の中になっている様に感じる。
食べ物を大事にする国っていうのは繁栄すると思う。
『人の心を重んじる』国になると思うんだ。
実は市の方から頼まれて『人権擁護活動』もしていまして、子どもの世界はもちろん大人の世界にも人権侵害やイジメが確実にあって、小学校で紙芝居をして訴えたり、特別養護老人ホームや身寄りのない障がい者施設に行って、歌とか人形劇をしたり。
直接これはダメだと言うんじゃなくて、『遠まきに擁護』してあげる。
これが『農業ならできる』んじゃないかなって。

良いものを作り、食べ物を大切にする、そういう心の持ち主はイジメをしたり人権侵害なんてしないと僕は信じています。





ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



美土和ホームページ【オンラインストア】

ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

Instagram



ヒロフミ

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

1
pagetop