August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

キリストの墓からピラミッドへ

「ゴルゴダの丘で磔刑になったキリストが実は密かに日本に渡っていた」



というトンデモ情報が話題となったのは、今からちょうど80年前の1935年のこと…。



これが一概には噂では片付けられない奇妙なシンクロがいくつもあり、それがキリストの墓が発見された青森県の戸来村(現・新郷村)に数多く残されています。











戸来(へらい)という地名は“ヘブライ”が訛った言葉ではないか?



これだけなら単なるこじつけに思えますが、

この地方の伝統的な盆踊りで歌われる「ナニャドラヤ」という言葉が意味不明の歌も、ヘブライ語にすると「神を讃えん」という意味になったり、他にも、この地域では昔は父親をアヤまたはダダ、母親をアパまたはガガというヘブライ語と同じ呼び方をしていたようです。







またこの地域には、他にも子供を初めて野外に出すとき額に墨で十字を書いたり、ユダヤの文化や風習と関係する偶然とは思えないシンクロ的な要素がいくつも残されています。











ちなみに、私の地元にあった『シャネル』と言う名前のスナックは本家ココシャネルから訴えられて店の名前を変えました。

権利と言うのはそのくらい厳密に管理されているものです。

それが世界の三大宗教とも言われるキリスト教なら尚更。



普通、冗談でもキリストの墓が日本にあるとなったらキリスト教徒やユダヤ人には怒られそうな気がしますが、



1番不思議なのがキリスト教の聖地エルサレムから正式に石碑が贈呈されているという点。















もしかすると、エルサレムは真実を知っているのかも知れませんね。



ちなみに、キリストの墓はオカルトな場所と言うよりちょっとした観光スポットになっています。







ナビでも検索すると出てきます。







続いて向かったのは、日本最古のピラミッド『大石神ピラミッド』です。

ココもキリストの墓を見つけた古文書に書かれていた場所らしく、キリストの墓が見つかった翌日にピラミッドが発見されたらしいです。







今は地震の影響で岩が壊れてしまい跡形もない状況でした。



















青森県の都市伝説。
信じるか信じないかはアナタ次第です笑







ヒロフミ






1
pagetop