October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

村田其のニノ段

今日は昨日に続き、村田町でナチュラルにこだわった栽培をされている
『自然環境循環型農法ボンディファーム』さんにお邪魔してきました。



『ボンディファーム』代表の『鹿股 国弘』さんは早稲田大学文学部上がりのエリート。
小説のような語り口調で独特のクセがある方だけど、鹿股さんの理論には一貫性があり、私は聞いていてすごく面白い話ばかりでした^ ^

畑の面積は約2ha。季節の野菜を常時40品目、年間で150品目をお一人で切り盛りされています。

畑は作物を作ると土が疲れるからと、全ての畑をフルに使うのではなく、1/3のスペースは常に休耕すると言う作物の親になるべき土を大切にされている考えです。



鹿股さんの畑ではとにかく土!土が職人で野菜は結果と言われるくらい土作りがなにより大切だと教えて貰いました。



スペイン料理やフランス料理、イタリアンでも土からスープを摂るくらいバランスのとれた土は味が完成されてると鹿股さんは言います。

鹿股さんの野菜の多くはレストランに卸していて、シェフの希望によって収穫する作物の大きさもまちまち。

畑に連れて行ってもらい、鹿股さんが畑からいくつかの葉っぱを摘んできて「食べてごらん」と渡して来ました。



食べてみるとドレッシングも必要ないくらい味のバランスがとれたサラダが口の中で完成してました。



続けて「これも食べてみな」と渡されたのは土から引っ張り出したばかりの土がついたラディッシュくらいの小ぶりなカブ。

土を拭っていたら「そのまま食べてみなよ笑」と。

土がついた野菜を食べるのは正直抵抗はあったけど、そんなに言うならとガブ。

土を食べるなんて、子供の頃に食べたことがあるような土のイメージしかなかったけど、不思議と嫌な味や食感が全くありませんでした。



鹿股さん自身も毎日、畑の様子をみるために土を食べてみると言う徹底ぶり。

どこかの国では妊婦が土を食べるって聞いたことがあったけど、自分が土を食べる日がくるとは思ってなかった>_<

鹿股さん、突然の連絡で快く迎え入れていただき、面白い哲学的なお話、経験をありがとうございましたm(_ _)m


ヒロフミ

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

村田ノ巻

今日は宮城県村田町で無農薬、無化学肥料、不耕起の有機栽培をされている

『村岡農園 Farm Muraoka』さんにお邪魔してきました^ ^

『村岡農園』代表の村岡さんは、国内で半年、アメリカで1年半、合計2年間近く、有機農家となるための研修と、同時に提携(アメリカではCSA)という農家と消費者を繋ぐ仕組みを勉強してきました。



週2回のマーケット及び、季節の野菜を野菜boxとして販売していて現在、畑の広さは6反。お一人で切り盛りされています。









家賃2万、五右衛門風呂のお宅にはスイス人のジルさんが居候中。

WWOOFのような感じでたまに畑を手伝ってくれているようです。

ジルさんの仕事はGoogle関係。

ネット環境さえあれば場所を選ばないノマドなお仕事。

現在は部屋をリフォームしていて、いずれはゲストハウスにするそうです。





村岡さんは学生の頃シンポジウムに参加して、自然な風景は昔の農家の暮らしが作っている事を知り、アーティストと同じだ。

と感心を持ち、いずれは農家になりたいと決意。

以後、バックパッカーで世界中を旅して周り、去年もイタリアの農家でWWOOF。

趣味を聞くと、『この暮らしそのもの。 農業は、最高のアウトドアです』

と最高の答えをくれました♪( ´θ`)ノ

同世代で、村岡さんのように生活を楽しみながら体現されていることに、ものすごくシンパシーを感じました^ ^

村岡さんお時間ありがとうございましたm(_ _)m

湧き水梅ジュース最高に旨です!ご馳走様でした^ ^





ヒロフミ






美里ノ巻

極上蕎麦を食し岩手編を終えて、つるッと宮城県に入りました(^ー^)ノ

宮城に入って1件目は、宮城県の美里町でお米と大豆、加工品を営む
『カネサオーガニック味噌工房』さんにお邪魔してきました。



カネサオーガニック味噌工房の加工部門担当の奥様『安倍 光枝』さんにお話伺いました。



安倍さんの田んぼは約40ha。
ご家族3人と従業員4人の合わせて7人で切り盛りされている大規模な農園です。
有機JAS認定を田んぼと加工部門でも受けていて、
有機栽培歴は20年のベテラン農家さんです。





安倍さんご主人のこだわりは、
『すべての人に美味い米は作れないが、すべての人に安全な米は作れる。

同じ品種でも、お米には個性があります。
土の質、水の質によっても米の味は変わります。
一般に量販されているお米は、誰が作ったのかも分からない。
誰が育てたのかも分からない。 商品によっては品種もブレンドされている…。

毎日のことだから、主となる食物だから。よく考えてみてほしい。
食にこだわる人への、こだわった育て方。
全ての人に、安全な米を。

自然の恵みを得て生活している農業者は、自然への優しさを忘れてはならない。

大地の清らかさを守る責任があると思う。

見た目、味は同じでも有機栽培のお米には、人を元気にする力が多いと信じている。

堆肥、有機肥料にて土を作り、深水栽培、除草機を使っての薬に頼らない雑草対策。

取得している有機JAS認証も皆様により信頼できる形で安心をお届けするためのこだわりの一つです。』

と、安全と環境を考えた農営を大切にされていらっしゃいます。

ちなみに最近は『青山ファーマーズマーケット』でも出店されているそうなのでお近くの方はカネサオーガニックを見つけてみてください^ ^

帰りにお土産でカネサさんで作っているオーガニックドレッシングを
頂きました(^-^)/



安倍さん、急な連絡でお時間頂きありがとうございました&ご馳走でしたm(_ _)m


この辺り、帰りの夕陽が綺麗でした〜




ヒロフミ

 

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

1
pagetop