橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ZERO 2017

0

    愛知県の豊田市で3日間だけ開催されるフリーフェス。
    橋の下世界音楽祭にいってきました!

    無料フェスとは思えないクオリティと本気度を感じざる得ない世界観。

    そこには祭という町が出来上がっていました。

    以下、橋の下世界音楽祭一同
    代表 永山愛樹さんの開催にあたってのメッセージを織り交ぜながら写真で世界観をご覧ください。









    東北の震災後2012年から始まった橋の下世界音楽祭。
    5年一周期としての6年目(2017)。
    橋の下の原点である「何にも無いのに何でもある、何でもあるのに何にも無い」に立ち還り、サブタイトルに「SOUL BEAT ZERO」と付けさせてもらいました。











    橋の下世界音楽祭は一見派手にやっとりますが、入場無料、投げ銭式で、中身は精鋭の仲間達で作るDIYの大衆芸術音楽祭です。

    助成金や大手スポンサーなども無く、基本的には祭りに賛同する個人や個人店、個人小企業の皆さんの血銭から分けて頂く協賛金と、出店料、キャンプ、駐車場、グッズ販売のわずかな売上げのみで運営しています。

    橋の下は巷の音楽フェスとは一線を引き、それとは違うと断言させて頂きます。















    会場は街から徒歩15分の河川敷にて入場無料 投げ銭式にする事で音楽や祭りへの敷居を下げ、一般大衆、特に子供達にテレビやビジネス音楽業界などの世界以外に存在する多様な選択肢、根のある音楽や芸術、また薄れゆく日本各地の伝統芸能や文化に触れてもらい、また、アジア周辺 近隣諸国からゲストアーティストを招き隣国の音楽や文化の紹介と交流、西洋一辺倒の現代日本において、自分達の住む土地の文化、生活の在り方を見つめ直すような大衆芸術音楽祭を創るよう努力しています。











    また、会場は、河川敷から竹を800本程刈りだし、街から出る建築廃材を集め、そこに集まったゴミで何ができるのか、設計図無しのジャムセッションのように大工や職人達が3日間の幻の橋の下町を創っていきます。これも大工や大工経験のある音楽家や仲間達がボランティアで10日ほどかけ創っていき発想や作りを競い合いあい出来た町を見て讃えたり笑ったりしながら祭りが始まります。こちらも参加協力者大歓迎。。腰袋と道具持って腕を振るいに来て下さいや!!
    また、ふすまや障子、建具、その他廃材、眠った木材などあれば、ご提供下さい。















    音楽好き、フェス好きのフリークスだけの集いとは違い、多種 雑種 多様な人々が集まります。 一般の方は初めて来られたらびっくりするかもですが、一般大衆、お役人、親子連れにモヒカン、刺青の街の不良から爺ちゃん、婆ちゃん、精霊や妖怪まで(笑)
    価値観、感覚や見た目の振り幅もかなり広い人種が存在します。ですが、僕はこれが本来の人間の世界の在り方なのでは無いのだろうかと思います。だからと言ってみんな同じ、皆んなでひとつ!なんて綺麗事は嫌いですが、ダメなやつはダメだし(笑)























    ただ、産まれ持った素質、環境、境遇様々な訳で、平等なんて存在しない訳で、そこを無理やり箱に収めたり、存在すら否定されたり、こうでなければ生きられない世の中なんてそりゃ歪みも出るだろうと連日の悲しい事件のニュースを見ては何でこうなってしまったんだろうと心が張り裂けそうになります。あれは今の人間社会に警鐘を鳴らす祟り神。祟り神ってのはこの社会全体が出してるんだと思います。
    私であり、あなたなのだと思います。















    そんな世界の中で橋の下の役割としては、至って平和的、かつ精神的にも健全、もしくは健全さとやる気を取り戻す為の(笑)、全国的にも稀に見る社会の船底に住む穴空き者達の作る、優良、かつ自発的に自治された健全で安全な悪所であります。(笑)

    言うなれば鳥山明の漫画「Drスランプ アラレちゃん」に出てくる「ペンギン村」ですね。(笑)













    そして、橋の下では役職も何も関係ない、裸の人間と人間であるだけなわけです。
    本来、真理としてはそうなんだと僕は思いますが。。

    しかしながら、もちろん礼儀や道徳は当然あります。
    なんでもいいわけじゃあありません。
    まあ、そこらへんも人それぞれなので、あえて沢山のルールは作らないようにしていますので、 そこらへんわきまえて、大人も子供も社長さんに役人さんも、ぶっ飛んで一緒に遊んでいって命の充電していってくれたら何よりです。。

























    警察も役所も要らなくなるくらい自分達で考え、自分達で自治し、皆で助け合い、子供達を縛らず見守りながら目一杯唄い、踊り、笑ったり、泣いたりしたらいいんだと思います。

    近頃はキナ臭いニュースや、責任の押し付け合いばかりで国も何考えてるのかさっぱりわかりませんが、永い歴史の中、積もり積もりイビツに絡み合った巨大な化け物のような闇が俺たち人間の生命を蝕んでいるような気がします。

    なんだか橋の下やるようになり、いろんな人と関わり、役人方も本当に大変だなぁと思います。立場と言うものがあるし。実際役所や警察が無いといけないくらい、だらしなく強欲で自分の事しか考えないズルい人間達が沢山いる事も事実だとも思うし。自分の中にも少なからずありますし。(笑)

    だから、責任他人に押し付けて、そこ突っ込むのにこの限りある命の電力を注ぎ込むのもまったくもって無駄なので、ともかくやりましょう!偉そうな事言うならやってみればいい!そしたら何かが見えるはず!!、、、、etc









    地元、横須賀の友達Wacky(COLORgung)も光のワークショップ、太陽の光を使ったシルクスクリーン製版編で出展。













    命の食べ方を教えるワークショップなど。











    内容、メッセージ性、世界観。
    全てが申し分ないほどの完成度のお祭り。

    これは是非一度オススメしたいフェスティバルです。



    美土和ホームページ【オンラインストア】

    ベジタブルジャーニー美土和Facebookページ

    Instagram



    ヒロフミ

    JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿


    旅の準備#LIVE

    0
      3年ぶりに、大塚氏の演奏聞いてきました〜シビぃーっす!!



      ☆大塚寛之☆ (ギタリスト、シタール奏者)

      Fender Stratocasterと共に20数年、真のBlues Psychedelic Ragaを追求するべくAmerica、India、Mexicoをはじめ数々の国を旅する。

      MAN WOMAN脱退後、 [SOLO] 活動開始。

      以後

      [渋さ知らズオーケストラ] など数々のバンドで国内外を活動。







      JUGEMテーマ:LIVE


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      2425262728  
      << February 2019 >>

      美土和が掲載されました!

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM